うちごみ診断

タッチパネルかマウス操作かを選べます

ようこそ「うちごみ診断」へ

 家庭ごみを減らすことで、ごみ処分場を延命させたり、地球の資源消費を減らしたり、税金からのごみ処理支出を減らせたりできます。

 家庭でできるごみ減量を、生活を振り返ってチェックしてみましょう。点数をつけることが目的ではなく、取り組めていない項目から、どうしたら減らせるのか考えるポイントを探しだすことが、この診断の目的です。

 ごみ減量に関するチェック項目が問と、ごみの量の質問があり、最後にあなたのエコ度診断結果が表示されます。
 チェック項目は「している」「半分くらいしている」「していない」のボタンから選んでいってください。

自分でチェックする
イベント診断で使う

イベント診断で使う場合

 自分ひとりでもチェックができますが、イベント会場などで診断員と対面でチェックすることで、たくさんのことを学ぶこともできます。

 タッチパネル式のタブレットやパソコンを使って、対面でお話をしながら、ごみ減量の診断ができます。厳密に点数をつけることが目的ではなく、ご家庭でどんな取り組みがされているのか、取り組みにくい理由は何かなどを話してもらい、取り組み方法を探ることが重要ですので、チェック項目の内容も幅広く解釈してもらって構いません。取り組めている場合には、どんな工夫をして取り組んでいるのか、ぜひ聞き出してみてください。きっとお話も盛り上がると思います。

 診断員として活躍するためには、取り組みについての知識のほか、コミュニケーションも大切なスキルになります。

 なお、参加者の診断記録が自動的に蓄積されており、成果を集計することができます。イベント診断のトップ画面右下の「管理者用」リンクを押して下さい。

うちごみ診断

家で1週間に出すごみの量などをお尋ねします。
おおよそで構いませんので近いものを選んでください。

1)同居人数は何人ですか
2)「燃やすごみ」
(リサイクルしないもの)
A)袋の大きさは?
B)週に何袋出しますか?
3)家族全員で飲料ペットボトルを週に何本買って使いますか?
4)レジ袋を週に何枚もらいますか?

うちごみ診断書

ごみ減量の取り組み度

ごみ量の比較

項目 あなた 人世帯平均 単位 平均比
燃やすごみ kg/週
ペットボトル 本/週
レジ袋 枚/週

記入いただいたチェック内容


※それぞれの「項目」をクリックすると、その項目の入力に戻って修正ができます。

(印刷サイズ= [1-5]

診断ログ

この選択された状態で「ctrlキー」とCを同時に押すことで、内容をコピーできます。EXCELなどに貼り付けて集計することができます。「診断を終了する」ボタンを押して戻った時点で記録されています。